通販で買える口コミでも人気のブラジリアンワックスはこちら!

海外のセレブの間で人気のブラジリアンワックス。
「私も自宅でしてみたいな・・・」とセルフで使えるワックスの購入を考えている人は多いです。

 

しかし市販のブラジリアンワックスの多くは輸入品が多く、品質のにバラツキや、添加物への不安など、デリケートな日本人女性の肌にはキツイものが多いという問題があります。

 

そんな中、日本人女性のために開発され、大人気になっているのが「アンジェリカワックス」です。

 

 

公式サイトはこちらをクリック!!
↓↓↓

セルフ用におすすめのブラジリアンワックス

 

 

アンジェリカワックスがどうして日本人女性の間で人気なのか?
ここからご説明します!

 

日本人女性のために作られたワックス

日本人女性は肌がデリケートなため、海外からの輸入ワックスは肌にキツイものが多いです。

 

その点、アンジェリカワックスは日本人女性向けに作られたワックスなので相性抜群!

 

原材料は全て国産品で、100%天然素材。食べられるほど安全な無添加ワックスなので安心して使うことができますよ♪

安全な水性ワックスです

ワックスには大きく分けて水性と油性があることは、あまり知られていないことかもしれません。ここは十分注意した方が良いですよ!

 

油性のワックスは粘着力が強いプロ仕様のワックスなのですが、あまりにも強力すぎて一般の人では皮膚をはがしてしまう危険性があります。

 

アンジェリカワックスは安全で使いやすい水性ワックスです。でも専門サロンと共同開発してるから使用感は抜群です!

面倒な温め不要

多くのワックスの場合は、使う前に温めて溶かしてから使う必要があります。しかし温めるのは面倒ですし、時に温めすぎてヤケドをしてしまう人も!!

 

アンジェリカワックスは温めなくても適切な粘着力があるので、そのまま使うことができますよ♪

 

おそらく、アンジェリカワックス以上に日本人女性のセルフ脱毛に向いているブラジリアンワックスは他には無いでしょう。アンジェリカワックスは、それくらい日本人女性の肌にピッタリと合ったブラジリアンワックスなんです。

 

自宅でセルフでブラジリアンワックスをするなら、まずはアンジェリカワックスでトライしてみましょう!!

 

 

アンジェリカワックスを購入したい、もっと詳しく知りたい人はこちら!
↓↓↓

ブラジリアンワックスはセルフでするなら水性ワックスが良い理由

セルフ用のブラジリアンワックス


アンダーヘアの脱毛をする時、どんな方法で行っていますが?
手軽でコストのかからないカミソリが最も多い方法ですが、黒ずみます。
カミソリ負けを起こしたり。そしてすぐに生えてくる・・。

仕上がりのきれいさ、毛の再生に時間がかかるのでブラジリアンワックスもオススメですよ。
デリケートな部分にワックスは刺激が強そう。
でも恥ずかしくてサロンでお願いできない。セルフでするなら水性ワックスが良いですよ。

実はワックスには、大きく分けて水性ワックスと油性ワックスがあります。
油性ワックスは粘着力が強いので、細い産毛や短いむだ毛まで脱毛することができます。
ですが扱い方が難しく皮膚を剥がしてしまうほど強力です。
このためプロの判断が必要になります。

そこでセルフなら水性ワックスがオススメです。
衣服や床に付着しても濡れタオルで簡単にふき取れますし、肌に負担をかけません。
きちんとした知識に正しい方法。
これがあれば自宅でもアンダー部分の脱毛をきれいに仕上げることができますよ。

ブラジリアンワックスをセルフでするときのコツ

温泉や水着など人に見られる機会がある。アンダー部分を清潔に保ちたい。
様々な理由から、アンダーヘアの脱毛ケアを行う方は意外と多いものです。
ひとつの方法としてブラジリアンワックスがあります。

ビキニラインの部分も含むワックス脱毛のことで、欧米諸国では一般的な方法です。
利点としては、カミソリ負けを起こさず、毛が生えてくるのに時間を有すること。
そして仕上がりの美しさがあります。
ですが、肌の最も敏感な場所なので肌にかかる負担は大きく、肌の皮が剥けたり、
出血することも。恥ずかしくてサロンには行けない。

そんな方へブラジリアンワックスをセルフでするときのコツをお教えします。
ポイントは極力肌に負担をかけないことです。
まず、毛を1センチほどに切りそろえ、効率よく抜く準備を。
肌にはベビーパウダーを塗り、ワックスから肌を守って下さい。
毛の流れと反対の方向にワックスシートを引っ張ります。
この時にしっかりと皮膚を伸ばすこと。ゆっくり少しづつ抜くことがオススメです。

脱毛後は、沈静ローションを塗ったり、冷やしたタオルなどを当てます。
これで皮膚の炎症を抑えます。
ぜひ参考になさって下さいね。